売上ランキング

3日でマスター! 京都検定3級 虎の巻 <改訂版>
2020年秋に、同書籍を改訂! 従来の内容に加え、近年の出題傾向に沿った内容もさらに盛り込みました。

京都検定1級漢字ドリル
毎年12月実施の京都商工会議所主催「京都検定」1級の漢字ドリルです。本書では第2~15回出題問題から選りすぐりの200題を掲載し、短い解説を添えました。 「歴史・史跡」「神社・寺院」「建築・庭園・美術・工芸」「生活・文化・伝統芸能」の4ジャンルに分け、それぞれ解答の漢字をなぞり書き練習もできます。

新刊案内

  • 楽志が実る日 大西健の47シーズン

    楽志が実る日 大西健の47シーズン
    関西大学リーグの優勝4度、全国4強入り7度を誇り、大畑大介さんや田中史朗さんら数多くの日本代表選手を輩出してきた京産大。就任した1973年当時は下部リーグにいたチームを23歳の若さで率いた大西氏が、学生との対立や数多くの試練、挫折を乗り越えて伝統校を破り、強豪チームへと脱皮していくストーリーを描きます。
  • だんごむしのおなら

    だんごむしのおなら
    「すべての子どもたちに、明日を素敵に生きて、未来を切り開いていく応援のメッセージになれば」。一時間以上も出る小さなだんごむしのオナラで、ワタゲが次の命を育む大地に飛ぶ物語には、夢があり愛がある。そして、おならには希望があり笑いがある・・・。
  • 季節を家につれてくる 旬をみつける小さなごちそう

    季節を家につれてくる 旬をみつける小さなごちそう
    あわただしい夕方、店先でみつけた「季節」を家へつれてきて味わう。そうすると仕事でくたびれた一日も不思議と機嫌よく終えられる。肩の力を抜いて味わいたい、料理教室「日曜日のごちそう」旬のレシピ。
  • 星をみつめて 京大花山天文台から

    星をみつめて 京大花山天文台から
    近年、新しい天文台の設置で予算を削られ存続の危機にある京都大学花山天文台。本書は、同天文台の歴史のほか、藤原定家「明月記」に残る平安時代の超新星爆発、京滋で活躍した伊能忠敬らの功績、アポロ計画による月面着陸、ブラックホールの初撮影など最新の天文研究まで網羅した天文好き・歴史好きを問わず読み応えのある一冊! 宇宙・太陽系・季節の星座も収録し、入門書としても最適です!
  • 河島英五 詩集 天を歩け、そして唄え

    河島英五 詩集 天を歩け、そして唄え
     シンガーソングライター・河島英五。没後20年のいま、彼の歌を振り返る。創作ノートも一部掲載し、活動に打ち込んだ軌跡も味わえます。
  • 湯川秀樹日記1945

    湯川秀樹日記1945
    日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士(1907~81年)が、太平洋戦争の終戦の年である1945年の日記をもとに、湯川博士と親交のあった小沼通次慶応義塾大学名誉教授が詳細な註釈と解説を加えた1冊。終戦の年に、湯川博士は何を考え、行動していたか。これまで明らかにされていなかったことにも光を当て、その足跡をたどる。
  • 京都風音ピアノ100年の物語 ~この町で生きている~

    京都風音ピアノ100年の物語 ~この町で生きている~
    カラー挿絵を随所に配し、若い人には新鮮なファンタジー、年配の方にはどこか懐かしさを感じさせるフィクション作品。
  • 京都検定1級漢字ドリル

    京都検定1級漢字ドリル
    毎年12月実施の京都商工会議所主催「京都検定」1級の漢字ドリルです。 1級は合格率数%の狭き門として知られ、本書では第2~15回出題問題から選りすぐりの200題を掲載し、短い解説を添えました。 「歴史・史跡」「神社・寺院」「建築・庭園・美術・工芸」「生活・文化・伝統芸能」の4ジャンルに分け、それぞれ解答の漢字をなぞり書き練習もできます。