ログイン

お得に使えるポイントがたまる!らくちぅ会員とは?(新規会員登録・移行のご案内)

京都新聞企画事業のキャラクター登場!

海外格安航空券

facebook

お知らせ

2022.08.13

句:凡そ天下に 去来程の小さき墓に 詣りけり

題:墓参り(落柿舎) 作者:高浜 虚子

解説:

嵯峨の落柿舎は蕉門十哲の1人向井去来の別荘で、芭蕉も何度が滞在した。去来の墓は北の竹藪の中にあり、高さ30ほど。虚子は有季定型を旨とした明治、大正、昭和の俳壇の大御所だが、珍しく破調の句を詠んだ。