売上ランキング

京の学塾(まなびや) 山本読書室の世界
 江戸時代、都に数多く存在した学塾のなかで唯一、今も資料がまとまって市内に残る山本読書室。
本書は、2015年4月から本紙朝刊1面に1年間掲載された連載企画を一冊にまとめたものです。江戸から明治まで120年間続いた本草漢学塾・山本読書室の膨大な資料から、当時の豊かな教養世界を伝える356点をカラー写真とともに紹介しています。
 書籍化にあたり、2014年に明治維新のキーマン岩倉具視関係など「重文級含む史料数万点 下京の土蔵で発見」と各紙が一斉報道したなかから、「西南戦争の暗号表」「徳川慶喜・和宮の哀訴状原本」をはじめ、貴重史料10点を選び、カラー写真とともに詳しい解説を追補しました。
 パソコンもスマホもない時代に、読書と博物観察を通してつながった知的社会の一端がうかがえ、今後、本資料の公開とさらなる研究が待ち望まれます。

3日でマスター! 京都検定3級 虎の巻 <改訂版>
2020年秋に、同書籍を改訂! 従来の内容に加え、近年の出題傾向に沿った内容もさらに盛り込みました。

いくつもの空の下で 新暮らし歳時記
「新しいだけではない、古いだけではない、これはサワダさんの記憶の歳時記である。」
――夏井いつき(俳人) 

京都新聞1面で人気を博したコラム&エッセー、読者の声に応えて待望の書籍化!
暮しの手帖前編集長がつづる、昭和 平成 令和、昨日 今日 明日、京都 滋賀 東京。
コロナ禍のステイホームで、歳時記からサブカル本、古いアルバムや日記、手帳まで引っ張り出して、詩歌や流行歌、映画、書籍…と思いのままのびやかに織り交ぜた歳時記エッセー。40代以上の男女にとっては懐かしく、記憶や感情が刺激されるとして連載中から多くの読者の共感を呼んだ。

新刊案内

  • いくつもの空の下で 新暮らし歳時記

    いくつもの空の下で 新暮らし歳時記
    京都新聞1面で人気を博したコラム&エッセー、読者の声に応えて待望の書籍化!
    暮しの手帖前編集長がつづる、昭和 平成 令和、昨日 今日 明日、京都 滋賀 東京。
  • 舞妓さんの京都花街検定

    舞妓さんの京都花街検定
    京都には五つの花街(かがい)があり、「五花街(ごかがい)」と呼ばれています。舞妓(まいこ)や芸妓(げいこ)たちは美しい衣装にかんざしを身にまとい、ゆうびな立ち居振る舞いや、舞唄、三味線などの伝統伎芸で多くのお客さまを魅了します。 こうした京都の花街で大切に守られている、伝統的なしきたりや習わし、行事についてクイズ形式で紹介します。「舞妓から芸妓になるときの儀式を何と呼ぶ?」「舞妓としてデビューすることを何と言う?」など、初級・中級・上級とレベルごとに花街についてのあれこれを知ることができる1冊。
  • 八木一夫の写真

    八木一夫の写真
    八木一夫は前衛陶芸家で、オブジェ陶の先駆者といわれました。陶器を中心にブロンズ彫刻や版画、随筆、写真など、多彩に活動した作家です。本書には陶芸家ならではのセンスで撮影した、よりすぐりの写真を収載し、京都散歩や、旅先や自作、家族の肖像など「昭和の風景」が見られます。モノクロ写真には独特の風合いが感じられまた違った美しさに気づくでしょう。カメラ片手に楽しな八木の姿がみえてくるような初出版の一冊です。
  • マンガ京・妖怪絵巻

    マンガ京・妖怪絵巻
    京都新聞ジュニアタイムズで大人気の連載が書籍化。京都・滋賀に数多く残る妖怪伝説より百話を収録。「平安宮(大内裏)に現れた妖怪」「源頼光と四天王」などテーマごとに再編集、ひたすら恐ろしい妖怪、ユーモラスな妖怪、悲話の伝わる妖怪など、姿も個性もさまざまな妖怪が登場します。
    酒吞童子や百鬼夜行、鵺などおなじみの妖怪もいて、親子で楽しめる内容です。
  • 郡是 創業者 波多野鶴吉

    郡是 創業者 波多野鶴吉
    肌着のメーカーとして知られ、ペットボトル飲料のプラスチックフィルムから再生医療まで幅広く展開する「グンゼ」。その企業を創業した波多野鶴吉(1858~1918年)は、「地域との共存共栄」を理念に掲げ、当時は考えられなかった経営手法で、幕末に疲弊していた地域を再生した。8歳で養子に出され、23歳で破産。創業後も洪水、火災、恐慌に遭いながらも、くじけることなく、工女を一人の人間として扱い、養蚕農家を繭の買い入れと株式で豊かにした。本書は、没後100年が経った今も京都府北部・綾部市で尊敬を集めながら、全国的にはほとんど知られていない「明治の巨人」鶴吉の、生涯と経営思想をたどるノンフィクション。
  •  第18・19回 京都検定 問題と解説

     第18・19回 京都検定 問題と解説
    昨年、2021年7・12月に実施された京都検定(京都・観光文化検定試験)=京都商工会議所主催=の解答解説集です。同シリーズ最新刊となる本書は、2021年の7月に行われた第18回(3級のみ)と12月に行われた第19回(1級・2級・3級)の京都検定試験問題および解答、解説を収録しています。京都検定受験者必携の一冊です。
  • トラりんと学ぶSDGsと博物館

    トラりんと学ぶSDGsと博物館
    SDGs(持続可能な開発目標)をわかりやすく、京都国立博物館のPR大使であるトラりんと同博物館の栗原祐司副館長で、トークを繰り広げながら一緒に楽しく学んでいきます。中高生にも読みやすく、取り組みが学べる一書です。