売上ランキング

第15回京都検定 問題と解説
2018年度実施の京都検定の問題と解説です。3級2級1級、全て載っております。

京都ひろいよみvol.6 京都新聞ダイジェスト
京都の情報はやっぱり京都新聞で。京都新聞紙面から選りすぐりの京都情報を再編集した冊子「京都ひろいよみ 京都新聞ダイジェストvol.6(2019年10月―2020年3月号)」」(京都新聞社編)。

新刊案内

  • 丹波訪食記

    丹波訪食記
    京都丹波は、古来より京の都を支える食材供給地であり、今も京野菜、丹波栗などブランド産品を多く生み出す食の宝庫だ。自然の恵み豊かな丹波の食を生み出す生産者や、食の歴史、農業の最新潮流までを綴る。 [第一部]丹波訪米記/献上米、豊作祈願、日本酒、餅… [第二部]丹波訪食記/マツタケ、アユ、有機野菜、鹿肉… 巻末に生産者データ掲載
  • 3日でマスター! 京都検定3級 虎の巻 <改訂版>

    3日でマスター! 京都検定3級 虎の巻 <改訂版>
    2020年秋に、同書籍を改訂! 従来の内容にくわえ、近年の出題傾向に沿った内容もさらに盛り込みました。本書で合格がグッと近くに感じていただけること間違いなし!
  • 京大博士のパズルに挑戦

    京大博士のパズルに挑戦
    京都新聞ジュニアタイムズの人気連載「京大博士のパズルに挑戦」が書籍化!
    小学校高学年は解きながら考える力をUP! 大人は脳トレにぴったり。本書初披露の「京都散歩パズル」は京都のまちをパズルにした問題で、頭をひねりながらお散歩気分が味わえるかも(?)。ぜひ家族で解いたり、競争したり、一緒に考えたりしてください。
  • 京都風音ピアノ100年の物語 ~この町で生きている~

    京都風音ピアノ100年の物語 ~この町で生きている~
    カラー挿絵を随所に配し、若い人には新鮮なファンタジー、年配の方にはどこか懐かしさを感じさせるフィクション作品。
  • くじらのおなら

    くじらのおなら
    愛くるしい絵とともに伝える、地球環境のことを考える絵本です。
  • 湯川秀樹日記1945

    湯川秀樹日記1945
    日本人で初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士(1907~81年)が、太平洋戦争の終戦の年である1945年の日記をもとに、湯川博士と親交のあった小沼通次慶応義塾大学名誉教授が詳細な註釈と解説を加えた1冊。終戦の年に、湯川博士は何を考え、行動していたか。これまで明らかにされていなかったことにも光を当て、その足跡をたどる。
  • 京の学塾(まなびや) 山本読書室の世界

    京の学塾(まなびや) 山本読書室の世界
     江戸時代、都に数多く存在した学塾のなかで唯一、今も資料がまとまって市内に残る山本読書室。
    本書は、2015年4月から本紙朝刊1面に1年間掲載された連載企画を一冊にまとめたものです。江戸から明治まで120年間続いた本草漢学塾・山本読書室の膨大な資料から、当時の豊かな教養世界を伝える356点をカラー写真とともに紹介しています。
  • 京都検定1級漢字ドリル

    京都検定1級漢字ドリル
    好評発売中