ログイン

お得に使えるポイントがたまる!らくちぅ会員とは?(新規会員登録・移行のご案内)

京都新聞企画事業のキャラクター登場!

旅行キャンセル保険

facebook

お知らせ

2016.10.01

句:小町寺 裏の一畝 貝割菜

題:貝割菜(静市) 作者:増田 なづな

解説:

大根や蕪などの芽が出てまもないもの。二枚の葉が二枚貝に似ていることから、その名がある。お浸し、胡麻あえなどにして食べる。従来は農家の自家用として生産されていたが、近年は量産品が年中出回るようになった。