ログイン

お得に使えるポイントがたまる!らくちぅ会員とは?(新規会員登録・移行のご案内)

京都新聞企画事業のキャラクター登場!

旅行キャンセル保険

facebook

お知らせ

2016.09.27

句:芋洗ふ 流の末や 桂川

題:芋(桂川) 作者:角田 冷竹

解説:

芋は歳時記で里芋をいう。古くは名月を「芋名月」といい、月見団子と共に子芋や栗を供えた。一般家庭の芋汁や京料理にも使われる。茎もゆでたり干して食用とする。芭蕉の句に「芋洗ふ女西行ならば歌よまん」がある。