ログイン

お得に使えるポイントがたまる!らくちぅ会員とは?(新規会員登録・移行のご案内)

京都新聞企画事業のキャラクター登場!

旅行キャンセル保険

海外格安航空券

七五三

お見合い恋バスツアー

facebook

お知らせ

2019.09.15

句:放生の 捧げて桶に あまる鯉

題:石清水祭(石清水八幡宮) 作者:花谷 和子

解説:

貞観5年(863)からの勅祭で、生きものの霊を慰める行事。未明2時から「神幸の儀」「奉幣の儀」が行われ、深夜に鳳輦(ほうれん)が下山する。午前8時頃から麓の放生川で鮒・鯉などを放つ放生会がはじまる。