ログイン

お得に使えるポイントがたまる!らくちぅ会員とは?(新規会員登録・移行のご案内)

京都新聞企画事業のキャラクター登場!

旅行キャンセル保険

海外格安航空券

七五三

facebook

お知らせ

2019.04.24

句:文の助 茶屋の床几の 暮春かな

題:暮春(文の助茶屋) 作者:勝又 一透

解説:

「暮春」は春の終りを惜しむ季語。円山から清水を散策する人々が通る高台寺道(ねねの道)に圓徳院があり、その一角に甘酒の「文の助茶屋」があった。上方落語界の大物・二代桂文之助が明治43年に創業した茶店。現在は八坂の塔の近くに移転している。