社会・産業・その他/ 立ち読み

思い出のアルバム 京都市電物語 [復刻版]

(おもいでのあるばむ きょうとしでんものがたり ふっこくばん)

[商品コード.206]

京都のまちに日本最初の電車が走ったのは明治28年2月。「チンチン!発車オーライ!!」ゆっくりと動き出すチンチン電車。京電(京都電気鉄道会社)が、七条停車場(京都駅前)から伏見町・油掛通(伏見区)間、6.7キロを開通したのが始まり。明治・大正・昭和と京都のまちを83年間走り続け、市民のみならず観光客にも親しまれた電車であったが、1978(昭和53)年の9月30日をもって全線廃止となる。本書は、その足跡となつかしの思い出アルバムで構成されている。 ◆京都市電乗車券しおり付

定価 1,728円
送料 送料無料
ISBN ISBN978-4-7638-0607-9
出版年月日 2008年09月30日
著作者 京都新聞社 編
ページ数 218
判型 17センチ×19センチ
編集者コメント
付与ポイント 16 ポイント
数量  カートに入れる
お客様の声
新規コメントを書き込む
良書。 
おすすめレベル:★★★★★

市電を懐かしく思う人、市電があった頃の京都を覚えている人、
市電の生い立ちを知りたい人、
そしてもちろん市電が大好きな人には必読の一冊。

23 2017/03/05