ビザンチン美術の神秘の世界

[商品コード: 212]

コンスタンティノープル開都(330)に始まり、1453年に滅亡するビザンチン帝国。輝ける神秘の美術を辿ってみませんか?
ビザンチン(東ローマ帝国)の美術はコンスタンティノープルの開都(330)に始まり、イスラム教徒に攻略(1453)されるまで花開き、その影響は周囲にまで及びました。ヘレニズムとローマ世界、さらには東方を源流とする美術は、神秘的な精神の輝きで我々を魅了しています。

《講師プロフィール》
門屋 秀一 京都大学文学部哲学科卒業。
京都大学博士(人間・環境学)。立命館大学等で非常勤講師。
毎日カルチャーの他、NHKカルチャー、朝日カルチャー、京都新聞カルチャー、神戸新聞文化センター、等で講師。朝日旅行ではイタリア、オーストリア、スペインで美術解説同行講師を務める。著書に『美術で綴る西洋思想』『美術で綴るギリシアの宗教と思想』『美術で綴るキリスト教と仏教』『絵画で綴る哲学と倫理学』など。

講師名 立命館大学非常勤講師
門屋秀一
曜日・時間 第1・2・3水曜日 18時30分~20時
お代金(税込) 20,259円
教材費用 資料代/1350円(カラー9回分)
入会金
備考 1月8日 初期中世 カタコンベの壁画等
1月15日 初期中世 モザイク壁画等
1月29日 初期中世 ケルズの書等
2月5日 3-6世紀 東方初期キリスト教美術
2月12日 6-9世紀 前期ビザンチン時代(5世紀末-8世紀)
2月19日 10-12世紀 中期ビザンチン美術(1)
3月4日 12-13世紀 中期ビザンチン美術(2)
3月11日 13-14世紀 後期ビザンチン美術(13世紀前半-)
3月18日 14-17世紀 ビザンチン帝国の滅亡
受講回数
カテゴリー 教養/ 美術/
付与ポイント 0 ポイント
  • 資料請求
  • 入会金が必要な講座の為、
    ログインしていないと受講できません
お客様の声
新規コメントを書き込む
レビューが登録されていません